株式会社イシカワ

ISHIKAWA . LIMITED
RECRUITING新卒採用サイト

 

仕事の紹介・社員インタビューJOB INTRODUCTION / EMPLOYEE INTERVIEW

営業職SALES POSITION

仕事の紹介・アウトライン

⾃分が担当するエリアを持ち、そのエリアで既に当社と取引のある顧客を先輩・上司から引き継ぐとことからスタートします。顧客に対しては、会社を代表するイシカワの「顔」として、主に商品提案・⾒積・受発注・配送・集⾦を担当します(既存の顧客に対するルート営業)。
基本的にはルート営業を中⼼に⾏いながら、⽇々の業務や研修を通じて経験や知識が蓄積してきた段階で、ルート営業を織り交ぜながら新規顧客の開拓も⾏います。
新規開拓といっても⽇頃使わない商品を企業に売りつけるのではありません。イシカワの新規開拓の対象となる先は、⼯事のために必要なすでに買うと決まっている資材をどこから調達しようと⽇頃から考えているプロユーザーですので、こちらからのアプローチのタイミングが合えば、すぐ商談に発展することが多いのが特徴です。

  • 会社として描いている
    営業職の社員像

    これはルート営業、新規営業の両⽅に共通することですが、営業とはモノを売る仕事と誤解されがちです。これは押し売りの典型になります。

    ⼀⽅で、営業はモノを売るのではなく、ヒトを売れともいわれますが、これも顧客から可愛がられることが⼤事なんだと勘違いしがちです。顧客迎合型の営業職は、若くて未熟に⾒える年代では通⽤しても、年齢を重ねてベテランの領域になった時に、実⼒不⾜では顧客に相⼿にしてもらえません。

    また、⼀般的にイメージされているルート営業では、マニュアル的に画⼀⾏動を取ることを期待されることが多く、そんな環境では個性のない営業スタッフが育ちがちです。

    イシカワでは、⾃律・⾃⽴した営業を⽬指します。独⽴採算ですと⾃分だけよければの考え⽅になってしまい、チーム営業を志向するイシカワには馴染みません。個のプロフェッショナル意識との両⽴という意味で、⾃⼰管理が出来て、会社・チームに対しても建設的な⾔動・⾏動が取れる営業スタッフを育成します。

    新⼊社員の育成においては、取引先に対しても⾼圧的にも卑屈にもならず、⾃信を持って全社視点に⽴てる⼈を数多く輩出したいと考えていると同時に、当社にはそのモデルとなる社員が多数在籍していますので、営業職としてキャリアを積み上げていく際の⾒本にしていただければと思います。

  • 我々が描く
    営業スタッフのキャリアプラン

    1年⽬の後半からOJTを卒業して、担当エリアを持つ営業として独り⽴ちします。
    しかし、知識・経験を同時に積み重ねる為、3年⽬でようやく仕事の⼿応えを感じることとなります。

    5年⽬以降は推進職としてだけでなく、プロジェクトリーダー、チーム管理職の補佐としての役割を求められます。これには個⼈差がありますが、適性や得意分野などの⾒極めもこの時代の特徴です。

    10年⽬以降は、プロジェクトマネージャー、管理職、エキスパートコースなど将来のキャリアを左右する選択・判断が求められます。もちろんこうしたキャリアパスは、年に2回〜4回開催される⼈事考課、⽇々のコミュニケーションの中で、会社〜個⼈を巻き込んで検討が⾏われます。

    ⾃らの⽴ち位置を探し続ける努⼒と、個⼈の適性を⾒極める会社サイドの適材適所の配置が上⼿くかみ合った時、個⼈としても会社としてもハッピーになります。

    やりたいことから⼊る仕事観ですが、すべきことを通じてやれることを⾒出していくプロセスは⻑く根気が要ります。お互いが疎かにせず、諦めずにキャリアを模索することを、イシカワ在籍中にやり続けましょう。

営業職社員のインタビューを見る

こちらの記事もおすすめです